忍者ブログ

完全シルワールド宣言! シルワールドの管理人シルのリアルやMMOでの綴りです♪
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/01 アッサム]
[02/09 愛留]
[01/31 あくあ]
[12/23 愛留]
[12/09 ハルノブ]

11.22.20:07

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/20:07

09.20.22:30

キャプテンシー

オイッス──ッ♪(*・∀・)=○))゚Д゚)





今日から始まったフェスタにより今だに帰れずじまいのシルワールド管理人シルです・・・


我が厨房もお客様の数も多く嬉しい悲鳴な状態になっているようですよ ありがとうございます


本来であれば今日からのフェスタは秋の味覚 サンマを使った創作料理とウォッカのカクテル類がメイン


しかしサンマの水揚げ量が少なく福島原発の汚染水問題も問題に上がり今月のフェスタは


神戸牛のお肉を使ったフレンチ系の創作料理へと変更を致しました 勿論サンマの放射線量の計測では


国が指定された線量を下回ってはいるのですが風評というのは人の心に疑心や恐怖を与えるものです


安全と分かってはいてもお客様第一がモットウのサービス それならばと創作料理を変更した訳です


何はともあれ今月末までのフェスタ ごゆっくり堪能なさって下さいね お値段もリーズナブルにさせてもらってます


しかし もう9月もあと10日前後 そしたらもう10月ですよ! いやぁ1年なんてアッという間ですね


我社もお客様のご期待に添えるよう常にサービス第一で尽力してきました


店舗本店も繁華街で不動の地位に付くことが出来るようになり来客数も月を重ねる事に増えてきてる状態です


しかし店も数年経つと色々と老朽化してくることも確かなんですよね


店を経営していくというのは何事にも維持費というものは必要になります


あたしは常に社員やアルバイトさんパートさんには清潔第一 お掃除の徹底を義務付けてきました


それはあたしが今まで自分なりの理論というか人の心理かなとも思います


いくらお料理が美味しくてもお掃除も行き届いてないようなお店ではお料理の味も半減です


それにもう1つ 店員さんのサービス向上ですね 店員さんが無愛想だったらお客様もなんやこいつ!となりますよね


各店舗には最低でも社員が3名から5名 アルバイトとパートさんはシフト制で約30名程なんですが


サービス教育には力を入れています 店舗で働く我社の人間は言わば我社の顔


その働く人間が無愛想に接客していたら全ての店舗はこうなんではないかと勘違いされかねません


なので教育という意味でミーティングや講習会セミナーなど色々な分野でのサービスを考え


それを徹底させてもらってるわけですよ それは確かに色々な人間がいます


すぐに辞めてしまうアルバイトさんやパートさんもいることも確かなのですがお店側の考えでは


より良い人材を見極めるというのは本当に難しいもので 面接の10分や20分でその人間の中身など見えはしません


うちのような中規模な会社ではやはり組織的に人材不足である事は否定出来ません


この組織的骨格を司るマンパワーはやはりキャプテンシーが取れる人材が不可欠


ではそのキャプテンシーを誰もがもっているかといえばそうではありませんよね


シルワールドに遊びに来てくださる皆さんの回りにもお友達が多くいらっしゃると思いますが


率先して引っ張っていくタイプが中におられませんか? もしくはご自身が友達を引っ張ったりしてませんか?


店舗という枠組みではこのキャプテンシーは絶対に必須 いやこれはどの業種でもそうかもしれません


キャプテンシーが無いのにも関わらず勤続年数だけで店長や主任にその方を据えれば付いていく人材は


皆無かと思われます しかし心理的に考えてみましょう


人間には色々な性格がありここまで何年も働いてきたのに上は俺・私を評価してくれない


そう考える人も多く存在します 逆に面倒くさい事はやりたくないので本当はキャプテンシーがあるのに


沈黙を守る人もいる事でしょう やはり働く意欲や最終的には自分の持っている性格というのが極論でしょう


あたしは積極的にアルバイトさんやパートさんの学生さんを登用してきました


でも逆に30代40代の方々も同時に入れてまいりました それは統率という意味で大事なことです


30代や40代の方々は社会へ出てキャリアも持ち豊富な人生知識をお持ちの方は多くおります


同業をやられていた方は尚更ですね 常に1人1人の勤務実績をあたしは見ています


今のこのご時世 アルバイトやパートから正社員へ移行できるパターンは少ないと思いますが


我社では30代でも40代でも人を統率出来てキャプンシーをお持ちの方は多く正社員へ格上げしています


働くというのは人間が生きていく為に絶対な物 安定したお給料とやりがいのあるお仕事


これが働く意欲というものでしょう まあ中にはうちのやり方が気に入らなくて辞めていく人材もいますが


それは全てあたしを含め人事を担当した者の責任 去るもの追わず これは仕方のない事です


今後更に事業展開をしていく今 人材登用は急務であり在籍している我社全ての就労者にもそれは当てはまりますが


組織的にもっと纏まり店舗や会社を盛り上げてく人材は大事です


あるサッカー好きな我社では数少ない男性社員の1人がミーティングの際にこんな事を言ってました


サッカーというのは大きく分けると 個人技を使うタイプと組織的に動くタイプの二種類あるんだと


個人技は1人でディフェンダーを交わして相手陣内へボールを1人で運んでいきゴールを目指すタイプだが


組織的に動くタイプはパスを細かく正確に回しチームメンバー全てが一丸となってゴールを目指すのだと


我社は組織的になる必要があるのです!と力説していました うんそうだね そうかもしれない


1人の能力がどんなに高くても店舗というピッチでは回りにシェフも入ればウェイターやウェイトレスもいるしね


みんなと連携を持って組織的に動くというのは大事かもしれないよね


やはり会社というのは人があってはじめて成り立つもの


勿論個人技タイプのフォローをすれば小さな店舗で美味しい料理を1人で作りお客さんに出して片付けも自分ですれば


それは成り立つ事です だからどっちもどっちです


しかし我社は組織的に動きまずはお客様第一 そして社員やアルバイト パートさんが第二


これから色々と事業を展開していく会社のトップとしてあたしはブレない考え方をしなければなりません


決してあたしはこの会社はあたしが作り上げてきたとは思ってません


我社で働く全ての方々のおかげでここまでこれたのです


あたしが考えるのは我社で働く就労者達の生活を守ってあげること これがあたしのお仕事ですから


FF風に言えばあたしは後衛支援者 我社に働く全てにプロテスやシェルを掛け 時にケアルで癒やします


これからどんな人材が入ってきてもそれは変わりません


それが会社のトップとしての覚悟と決めてますから・・・





のん♪

拍手[0回]

PR

無題

キャプテンシーを持つ人材の確保、それに各人に社の方向性を周知徹底する事、本当に大切ですよね

  • 2013年09月21日土
  • ハルノブ
  • 編集
Re:無題
そうそう キャプテンシーは大事なのですよ
確保するのは大変だけど人材発掘も上層部とすれば大事なお仕事なので^ー^
2013/09/23 22:15
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら