忍者ブログ

完全シルワールド宣言! シルワールドの管理人シルのリアルやMMOでの綴りです♪
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/01 アッサム]
[02/09 愛留]
[01/31 あくあ]
[12/23 愛留]
[12/09 ハルノブ]

11.22.20:06

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/20:06

09.30.20:34

明るい未来の為に

オイッス──ッ♪(*・∀・)=○))゚Д゚)





月末はお仕事がめっさ忙しいシルワールド管理人、シルですよぉ~!ども♪


毎月の事ながら月末の怒涛の忙しさはあたしのHPを削りまくりで困ったものですw


しかしながらお仕事はお遊びではないので次々と色々な部所から上がってくる書類とか


担当者とのミーティング 営業部との戦略的ミーティングなど時間がいくらあっても足りないくらい


まぁ~これがあたしのお仕事だから頑張ってますけどね~w


今月のフェスタも今日をもって終了して明日からは平常営業となります


常連さんから一見さんまで各位の方々のご来店心より感謝致します


そのおかげもあって我社では今月の純利益が先月より160%UP 昨年度の9月と比べると220%UP


少しずつではありますが景気が回復しているのか分かりませんが純利益は右肩上がりとなってますね


九州での洋風居酒屋 そして大阪でのお好み屋 共に純利益はUPしています


やはりアベノミクス効果と言いますか景気は少しずつではありますが回復傾向にあると言えましょう


しかしながら全ての国民にまだまだ浸透していない実態もある事も確かですね


まぁ東京オリンピックが7年後に控えている効果もあるにはあるのでしょうが・・・


あたしの友人に大手ゼネコン企業にお勤めしている方がいるのですが五輪効果というか


発注が既に始まっているらしく東京はこれから色々なビジネスチャンスが眠っている状態です


それは東京を中心として関東地方一円に言えることですが水面下では大企業から中小企業まで


各種多様な職種での人材登用から老朽化した都心の改革へ動き出しているとの事です


勿論我社でも五輪に向けて動き出しています 海外のニーズに合わせたビジネスを目標として


積極的に戦略的思考で買収政策を展開していくつもりです


一昔前 長く続く不況で空いているテナントやビル群が都心でも目立っていました


その外側には裕福層のマンションや一戸建てなど色々な意味で空いては入り入っては出るという繰り返し


世界に誇る東京という都市を五輪というイベントによって作り変えるいいチャンスでもあります


我社の新プロジェクトと致しましては若い人材も勿論大事ではありますが労働力というのは何も若い人材だけでは無い


積極的に中高年層 そして新たにあたしが考えている事業とは高齢者向けの事業です


老人になったからと言って定年を向え自宅でフラフラしている団塊の世代と言われる世代は多いです


定年を迎えたからと言ってもう全く働けないという訳ではない それに大企業にお勤めしていたような人材は


一部天下りというシステムで違う企業に存在しますが多くの団塊世代では暇を持て余しているという事実


今日本では逆三角形の状態 老人が多く若者が少ない これが現実です


あたしが目を付けたのはここでありまだまだ元気なお年寄りは多く存在しているということです


皆さんは何の為に働きますか?そう生活するためですよね 年金だけで生活するには今後かなり大変です


消費税増税も数年後に段階的に引き上げられ消費者の多くは家計が逼迫する現状なのです


若い人でしか出来ないお仕事もあります 土木系など力を要するお仕事は老人には勿論無理でしょう


しかし高齢者には豊富な知識とキャリアが存在しています そのような人材を高齢者だからと言って


日本が今しているような定年制を行使して良いものでしょうか?


会社とは皆が集い作り上げていく物 良い仕事するには豊富な知識やキャリアを持ち合わせている人材が必須


働ける人は働けるシステムを政府は打ち出すべきものなのですが古き考え方はそれに歯止めをかけます


政府が動かないのであれば民間レベルで打ち出すのがあたしの考え方です


あたしが何故そのような考え方になったか それは蟻にあります


蟻さんは女王蟻を筆頭に兵隊蟻さん働き蟻さん各自が其々の役割を持ち蟻社会を構成しています


兵隊蟻さんは外敵から巣を守ったり敵がくれば真っ先に戦い働き蟻さんは女王蟻のお世話や


女王蟻から生み出された卵を守りお世話をして食料集めや様々な作業をこなします


一部は羽蟻となり新しい女王蟻や新しい新地へと旅立ち 勢力を拡大します


人間もこれを見習うべきではないかと思うのです 人は其々価値観も違えば考え方も違います


そして人其々生きてきたスキルが存在することでしょう 体力的には若い人材には敵わないでしょうが


高齢者の豊富な知識やスキルは今の日本の至宝と言えましょう


団塊の世代とはこの日本を作り上げてきた功績のある人材 あの戦後の焼け野原になった東京を


数十年で立て直した実績があるのです そんな人材を高齢者になったからと言って前線から外すのが正しいでしょうか?


勿論、高齢者全てがそういう訳ではありません 病気になってしまった方もいることでしょう


要するにまだまだ元気に働ける方には働いてもらおうって事ですね


あたしが考えている店舗拡大に伴い食品の自社加工工場での仕込み作業要員は必須


店舗が増えれば各店舗で仕込み作業をしている時間的ロスは無駄ですからね


合理的に仕込みの済んだ状態の物を各店舗へ配送した方がロスが無くなりますからね


それが先ほど述べた蟻に見習えという精神ですね 各自役割分担をして構成していくと言う事です


合理的な考え方は誰でも出来ます しかしそれを実現するには色々な壁があるのも確かです


一歩前進すればまた壁 壁を壊しまた進むと壁 これが今の日本の現状と言えましょう


法的な物 個人的な考え方の物 健康云々等など しかし今のこの日本を再生するには


若い世代から高齢者まで役割を持ち自分の生活を保っていく事が大事ですね


賛否両論色々な意見もありましょうが日本の総人口一億数千万人 全てが役割を持ち


日本という国家を改革していかなければ日本の未来はありません


特にあたしと同じく若い世代の人間達に課せられた物は大変かつ重要です


今の団塊の世代が作り上げた物を更に作り上げていかなければなりません


あたしはあたしの役割を持ってこれからの飲食業界とサービス業を成り立てて行くことになるでしょう


日本の再生はこれを見ている全ての肩にも乗っていると思います


自分の役割を忘れず楽しく そして安定した生活をしましょうね


さすれば日本の未来も明るいです 共に頑張っていきましょう


日本人の誇りと共に





のん♪

拍手[0回]

PR

幹部社員以外の末路

 俺は昔から定年祝いで花束もらう場面にいまだに違和感あるンですよね。
 だって定年なンかあるの日本だけですよね?要するに会社にとって幹部でもなんでもない人間を体よく放逐するための口実じゃないかとすら思ってます。
 まあ、社会に出てからその思いが強くなったのも否定はしません。
 
 これは私の主観が入ってますが、交通誘導の仕事してた時、若い人が増えてきたとはいえ、まだまだ定年すぎてから年金の足しに働いている人が多かったンですよね。それだけ年配の人の生活が苦しく、なおかつ不安定な収入の足しのために時期によっては仕事が全く無くなる交通誘導の仕事やってるから、やりきれない気分になります。

 あ、そういえば以前アメリカ人の監査官の元で仕事したことがあるのですが、彼と話していて日本の定年システムにはかなり疑問を感じてたみたいです。それもそのはず、その人は会社からの出向ですが、当時亡くなった俺の親父よりも年上の75歳でしたよ。その人が要求する品質を満たしていないと鉄骨に英語で強い口調で、俺のような中学生レベルの語学力でもわかるような(さすがにFuckとかShitは使わないがw)叱責を書きなぐってたのをよく覚えています。

 老いてますます盛んな世の中になってほしいものですな。

  • 2013年09月30日月
  • URL
  • アッサム
  • 編集
Re:幹部社員以外の末路
文化的な違いはあるでしょうね やはり日本と米国ではまた違うでしょうし
摩擦的なそういう時代のニーズに合った照準を合わせる事は会社を経営する者の義務と感じます
国民年金だけでは苦しいと思っているご老人方も多くいる事でしょうね
ただ本文にも書きましたが歳は定年を迎えていてもまだまだ元気で働ける人材は多く存在します
そういう方がまた社会に出てお仕事をする事は大事だと思います そういう場を作るのは経営者です
固定概念的に定年を迎えたらもう働けないというそういう考え方は今のニーズとは相違ですし
やはり大事なことは年齢的な壁を取り払っていくビジネスの仕方 働く側も然りです
アッサムさんは英語が出来るのであればそういう道も開けるのではないかと思いますよ^ー^
アメリカの監査官の下で働いてたとの事ですからね どの機関だったのでしょうかね
あたしの知ってる監査官と言うとかなりの高官と存じております あたしも米国でのお仕事多かったのでw
2013/10/01 21:20

無題

こんにちわ(*´ω`*)ノ

定年制の廃止と云うことであれば、
年功による基本給が上がっていくシステムも考え直さねばならぬのでしょうなぁ
次代の為にも若い人材の確保もまた必須という事を考えると利益分配の方法も一から見直す必要があるかと。
お金のかかる子供や扶養する家族の状況によって手当という形にして・・・
難しいですかなぁ^^;

  • 2013年10月04日金
  • ハルノブ
  • 編集
Re:無題
そうですね まずは基本給の問題が壁となるでしょうね
まぁ昨今欧米スタイルのビジネスが日本でも多く取り入れられるようになってきてはいますが
やはり日本の昔からある年功序列的な考えは根強くまだありますからね
難しい問題です
しかしながら積極的に高齢者への仕事を斡旋していく事で少しでも変わっていけばいいなぁと思っています
2013/10/05 21:02
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら