忍者ブログ

完全シルワールド宣言! シルワールドの管理人シルのリアルやMMOでの綴りです♪
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[01/01 アッサム]
[02/09 愛留]
[01/31 あくあ]
[12/23 愛留]
[12/09 ハルノブ]

11.22.20:04

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/20:04

10.15.19:36

精霊♪

オイッス──ッ♪(*・∀・)=○))゚Д゚)





世間では連休が終わりだりぃ~とか言いながらお仕事or学校へ出掛けた方も多いのではないでしょうか?


そんな15日火曜日のシルワールド♪ いつも元気200%の管理人シルです どもっ♪


台風が再度日本列島へ侵攻しているようです ルート的にはあたしの住んでいる東京を通過する可能性が・・・


台風が通過する地域に住む方々 是非に警戒態勢で望んで下さい


人類はどんなに科学力や知識を持ってしても自然の力には到底敵いません


我々人類は自然と共に共存させてもらっている訳ですね 過信して人類最強とか絶対にありませんから


こんな事書いていたら昔聞いたあたしのママの話を思い出しました


今日はそのお話をして差し上げましょうね


これはママがまだ子供だった頃の話 ママの故郷は日本から凄く遠いフランスの地


フランスと言っても国土はとても広くママが住んでいた地域は凄く田舎でね 都心な感じはまるでなし


そこに住む住民達はぶどうの栽培や麦畑などをして細々と暮らしていたんだって


でもその地域に住む人達はみんないつも助けあって不便ながらも暮らしていた


都心のような便利さは無いけどその代わりに大きな自然が広がっていた 平原 丘 森 湖 小高い山など


車なんて滅多に走らないような本当に辺鄙な場所だよ そんな中でママは生まれた


愛情いっぱいのグランパやグランマに育てられて中世時代から領地を任せられてきたこの土地で暮らした


今は亡きグランパは広大の広さの平原で牧場をしながら生活していてね ママも一生懸命お手伝いして


確かに裕福とは言えない稼ぎだったらしいけど でもよくグランパはママに言ってたんだってさ


我が名門トラバント家は今こそこうして地を耕し貧困の中生活しているが代々ホースアーチャーの家系なのだ


そして我がトラバント家は自然にいる 火 水 風 地 この4精霊を守らなければいけないんだ・・・と


ママはその時グランパの言ってることはさっぱり分からなかったらしい それはそうだよね 現実に精霊なんて見えない


ママはグランパに言ったんだって じゃあその精霊さんは何処にいるの?って


グランパはママに微笑みながら 自分の胸を指さし ここにおるのさって笑ってたらしい


どこまでも広がる平原を馬に乗り背中に弓を持ち、地平線の向こうまで駆ける気持ちにさせられる大地は


地の精霊がいるからだ そしてこうして寒い日でも私達が暖かく暖炉を囲めるのは火の精霊のおかげなのだ


水の精霊はとても優しい女性の精霊で大地の畑や我々が飲む飲料水 川や井戸や湖を守ってくれてる


そして我がトラバント家の守護精霊である風の精霊だと ママはグランパに風の精霊は特別なの?と聞いた


グランパはママの髪を撫でながら風の精霊はな我が家にとって本当に大事な精霊なんだよって


弓っていうのは風によって本当に左右させられる武器であり弓を使うホースアーチャーにとっては


風の吹く方向や風の精霊を信じる事によって矢は自分の思ったとおりに飛んで行くんだって説明されたんだって


ママはさっぱり分からなかったし信じて無かったみたいなの


そんなのいるわけ無い いたら私の前にも現れてくれると思うしグランパの妄想だって思ってたらしいの


そんな話を忘れる位な時間が流れてママも少女から大人になりかける頃


ある森林で火災が発生したらしいのね 火の勢いは物凄く森林を焼いて行く ママはそれを見て恐怖したという


村人全員で一生懸命消化作業をするんだけど火の勢いはそれ以上に強く火の勢いはどんどん酷くなっていったという


ママは子供の頃にグランパの言葉を思い出し火には精霊がいると思いだし祈る事しか出来なかったという


どうか水の精霊さん この火の精霊さんをなだめてあげて下さい 何度も何度も心で祈って涙したという


地の精霊さんが火の精霊さんに焼かれていってしまうその惨状を見て涙が止まらなかったと


そんな時 天の雷土と共に雨が降りだした そうママは言ってた 雨はその大地に水を注ぎその雨で火の勢いは


どんどん小さくなり森林火災は消化された ママは心から水の精霊にありがとうございますと感謝をしたという


グランパが言っていた精霊は目に見えるものでは無く人の気持に存在するものだとママはそこで悟ったようです


でも精霊はいるといいよね 自然そのものは各個人の心に居て自然と共存していく事ができるとママは言うのです


ですから要するに気持ちに精霊の存在を持って生きていくって事が大事なのでしょうね


地球という惑星に住んでいる人類や動植物 全ても生き物は自然と共存している しかし時に自然は生き物に害を及ぼす


しかし自然は美しい自然を我々人類に見せてくれる一面もある


それがグランパが言っていた心に精霊がいる事だとあたしは思った


人はどんなに頑張っても自然の脅威には敵いません しかし大丈夫 心に精霊を持ってれば必ず復興は出来ますから


勇気 希望という精霊を・・・





のん♪

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら